退職 切り出す 勇気

『退職を切り出す勇気がない…』
『申し訳なくて退職を言いづらい…』
『仕事辞めたいけど、気まずくて辞めれない…』

このような方に向けて記事を書いています。

いまの仕事が自分に合わないと思いつつ、上司や会社に退職を切り出せず、ズルズル仕事を続けてしまう人は多いです。

日本人は真面目な方が多いので、『納得感のある退職理由を用意しないと、会社を辞めれないのではないか…』と考えがちです。

でも世の中には、想像以上に自分勝手な理由で退職している人もいます。

実際に仕事を辞めた人の退職理由を知ることで、『こんなショボい理由で退職している人もいるのか〜』となり、退職を切り出す勇気をもらえますよ。

ドフラ
こんにちは。26歳まで底辺労働者だった、ドフラです。

記事を書いている僕は26歳まで年収190万円の倉庫作業員(フリーター)でした。その後、IT業界に転職して年収500万円になり人生が変わりました。現在は20代向けに転職や副業に役立つ情報を発信しています。

僕はこのブログのコンテンツを充実させるために、累計975名の方にインタビューしてきたので、20代で退職する人たちのリアルな情報をお伝えできると思います。

この記事では、僕が実際に話を聞いた20代の体験談をもとに『退職切り出す勇気をもらえる8人の事例』を紹介します。

この記事を読めば、『こんなショボい理由で退職する人がいるなら、自分も退職できるかも!』という勇気をもらえるはずです。

3分で読める内容ですので、それで見ていきましょう〜。

『今すぐ自分に合う仕事が知りたい!』という方は、以下の記事を読むほうが早いかもです。

退職切り出す勇気をもらえる事例①:上司の態度が気に入らなくて退職

正社員 バックレ

退職切り出す勇気をもらえる事例の1つ目は、元警備輸送の上村大地さん(20歳男性・仮名)の『上司の態度が気に入らなかったから退職した!』です。

仕事中は必ず、警備輸送車に上司と同乗しなければならず、その上司の口が悪いところや自分を見下す態度が許せなかった…とのこと。

上司のパワハラに耐えて頑張っている方もいると思いますが、どうしても我慢できないときは、上村大地さんのように辞めちゃうのもアリですね。

退職切り出す勇気をもらえる事例②:まだ遊びたい気持ちが勝って退職

退職切り出す勇気をもらえる事例の2つ目は、元美容師の深田良弥さん(21歳男性・仮名)の『まだ遊びたい気持ちが勝っていたから退職した!』です。

美容師の専門学校を卒業して、美容院に就職したものの、休日の少なさや長時間労働でプライベートの時間が確保できず、ストレスが溜まっていきました。

『オシャレだから美容師になったけど、仕事より遊びたい気持ちが勝っていたので辞めちゃいました!』とのこと。

深田良弥さんの自由な行動は、『自分の人生だから好きなように生きればいい』と教えてくれますね。

退職切り出す勇気をもらえる事例③:野球の練習時間を増やしたいから退職

退職 切り出す 勇気

退職切り出す勇気をもらえる事例の3つ目は、元工場勤務の杉浦隼人さん(20歳男性・仮名)の『野球を練習する時間を増やしたいから退職した!』です。

高卒で工場に就職したのですが、土曜出勤が増えてきたせいで、草野球の試合に参加できないことが多くなり、これがどうしても許せなかった…とのこと。

仕事よりも野球を優先した、杉浦隼人さんを引き止める上司や先輩はいなかったそうなので、自分の思うまま突き進むのもアリなのかも。それにしても最強すぎます…。

退職切り出す勇気をもらえる事例④:友だちと一緒に働きたいから退

退職切り出す勇気をもらえる事例の4つ目は、元介護スタッフの本田隆二さん(25歳男性・仮名)の『友だちと一緒に働きたいから退職した!』です。

最初は介護の仕事が楽しかったものの、職場で仲の良かった同僚が次々と辞めてしまい、そのうち孤立するようになりました。

その結果、『職場に友だちがいれば続けられるはずだ!』と考えて、友だちと2人で一緒に働ける仕事を探すために退職した…とのこと。

そんなバイトみたいな感覚で就職先が決まるのか?と思ってしまいますが、実際にこうやって仕事を辞めている人もいるのですね。

ドフラ
自分に向いてる仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する『無料適職診断テスト』を受けるのがおすすめですよ。

退職切り出す勇気をもらえる事例⑤:重たいものを持つのが嫌で退職

退職 切り出す 勇気

退職切り出す勇気をもらえる事例の5つ目は、元倉庫作業の平野孝さん(20歳男性・仮名)の『重たい荷物を持つのが嫌だったから退職した!』です。

スポーツウェアの物流倉庫で働いていたのですが、先輩や上司から『重いものを運べ!』としつこく注意されて、そんな仕事はやりたくなかったので辞めた…とのこと。

たしかに肉体労働はきついので、体力や筋力に自信がないと辛いですよね。

退職切り出す勇気をもらえる事例⑥:1年くらい休みがほしくて退職

退職切り出す勇気をもらえる事例の6つ目は、元工場勤務の長瀬健太郎さん(26歳男性・仮名)の『1年くらい休みがほしかったから退職したです。

高校卒業後、6年間ずっと仕事を頑張ってきたのだから、別に1年くらい休みをとってもいいだろう…ということで退職しました。

たしかに高卒で働いている方は、大卒よりも4年早く就職しているわけですから、遊びたくなる気持ちもわかりますよね。

それにしても1年間の休日とは、思いきった行動力です。

退職切り出す勇気をもらえる事例⑦:麻雀でプロを目指すために退職

退職 切り出す 勇気

退職切り出す勇気をもらえる事例の7つ目は、元インストラクターの柱谷圭一さん(23歳男性・大卒)の『麻雀でプロを目指そうと思って退職した!』です。

大学生の頃から好きだった麻雀でプロを目指してみたくて、人生一度きりだし挑戦してみようと思って仕事を辞めた…とのこと。

やりたいことがあるなら、自分が納得できるまで、それを追いかけてみるのもアリかもです。

退職切り出す勇気をもらえる事例⑧:アメリカで生活してみたいから退職

退職切り出す勇気をもらえる事例の8つ目は、元ホテルスタッフの田辺晃宏さん(28歳男性・仮名)の『アメリカに行って生活してみたかったから退職した!』です。

子どもの頃からアメリカで生活するのが夢だったので、貯金が150万円たまったタイミングで、仕事を辞めてアメリカに渡った…とのこと。

『やらずに後悔するくらいなら、やって後悔する方がいい!』という考えで生きているのが、伝わってきますね。

ドフラ
自分に合う仕事が知りたい方は、以下の記事で紹介する無料適職診断テストを受けるのがおすすめですよ。

正社員は仕事を絶対バックレるな!最低でも退職代行サービスを利用しよう

退職 切り出す 勇気

どれだけ仕事がきつくても、会社をバックレるのは、何としてでも避けましょう。

円満に退職しないと、周囲からの信用を失いますし、転職しにくくなります。

正社員が会社をバックレることには、マイナスしかありません…。

とはいえ、『退職を直接伝えづらい…』という気持ちもわかります。

直接伝えるのが厳しいなら、せめて電話を一本入れましょう。

『電話をかけるのも無理…』という人は、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスを利用すれば、ストレスなく、きれいな状態で会社を辞めれます。

退職サービスを利用するのに3万円くらいかかりますが、バックレて辞めた後のリスクを考えると、かなり安いです。

バックレて辞めたせいで、どこにも転職できなくなったら、収入ゼロになっちゃいますから…。

たった3万円で、そのリスクを回避できるなら、これを利用しない手はないですね。
低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

退職切り出す勇気をもらえる8人の事例【まとめ】

最後に『退職切り出す勇気をもらえる8人の事例』をまとめておきます。

  • 上司の態度が気に入らなくて退職
  • まだ遊びたい気持ちが勝って退職
  • 野球の練習時間を増やしたくて退職
  • 友だちと一緒に働きたいから退職
  • 重たいものを持つのが嫌で退職
  • 1年くらい休みがほしくて退職
  • 麻雀でプロを目指すために退職
  • アメリカで生活してみたいから退職

上記の退職理由をみていると、『こんなに自分勝手な理由で退職が許されるなら、自分が退職しても問題ないかも!』って勇気がもらえますよね。

人生は一度しかないので、どうしても仕事が辛いのなら、自分の直感を信じて行動してみるのもアリだと思いますよ。

あとは、あなた次第です。

今から少しずつ行動して、あなたの理想の未来を手に入れませんか?

ドフラ
今すぐ転職できない方は、以下の記事で無料適職診断テストを紹介していますので、試しにやってみてくださいね。